スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリスビーを習う! (すぐに辞めましたけど。)

ヴィヴィが1歳を過ぎた時、
DSC_5884.jpg

フリスビーを

DSC_5880.jpg
ちょっとだけ、習いに行きました。
が、私のフリスビーの投げ方をボロクソに言われ、
その上ヴィヴィのしつけ方まで悪く言われて、
ヴィヴィと楽しむためにやるはずだったのに、
遠くまで習いに行く度に泣きそうな気持ちになり
精神的にも良くないので辞めました。
しかも、犬を放し飼いにしないでケージで飼えと。
「アメリカじゃ、みんなそうしてるよ!」
と言われても、実際に高校の頃から犬を飼っている家に
ホームステイし、
その後もアメリカで暮らして
犬を飼っている人を何人も知っている私としては
そのケージで飼っている犬というのはショードッグの犬達では?
と思ってしまいます。
アメリカにいた時、犬を飼っている人の中で
家を汚されたくないからと
留守中は犬をケージに入れて居た人や、
外で犬を飼い、家の中には絶対に入れない人もいたけれど、
殆どの人は犬を家の中で放し飼いにしていて、
特に、車に乗るときも殆どの犬はケージに入っていなかったので、
犬をケージに入れるという行為は
私にとってはよっぽどの事に思えてしまい、
日常的にケージに入れるのには抵抗があり、
それを毎回、フリスビーの練習に行く度に言われ、
もう行かないと思うと、ほんと、気が楽になりました。

別に、競技用の犬にするわけでもないので、
ケージで飼おうが、どうしようが、
放っておいてほしいところです。
だいたい、大会に行ったときも
そういうケージに入っている犬ほど、
気が強くてよく吠える犬が多いような気がします。
(まぁ、私の勝手な思い込みだけれど。)
犬を飼う人にも、色々な飼い方があって良いと思うけどなぁ。

止めた後、
ヴィヴィと二人でのフリスビーが楽しくなりました。

そもそも、
なんで犬のトレーナーさん達は、威張っている人が多いのだろう。
人間が習い事をする時に、そんなに威張った人はまずいないのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

border0714

Author:border0714
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。