スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の躾

ヴィヴィが良い子になったのは、
父の育て方のおかげです。

全ての家具はカジって駄目にしてしまうし、
不機嫌な時にちょっとでも触ったら怒るし、
まして、食事中に触ろうものなら
噛み付いてくるし、
ちょっと私が遅く起きると
私のベットの周りを
歩く所が無いくらいウンチで飾ってくれるし、
ちょっとでも私がヴィヴィを残して家を出ると
廊下中ウンチだらけにするし、
1歳までは、本当に悪くて
私がノイローゼになりそうでした。

犬の躾の仕方を、色々とネットで見て
一生懸命その通りに取り組んでいる私を見て、
父は、
「そんな事は必要ない!」
そして、ヴィヴィを怒る私に、
「卑屈になるから怒るな!」
と言った父。
「甘やかしたら、我がままになる!」
と言った私の一言も、
「愛情を注げば、犬は満足するんだ。
 満足すれば、我がままにはならない!」
私も、なるべくヴィヴィを怒りませんでしたが、
ヴィヴィが悪さをした時は無視をしていました。
そして、ヴィヴィに噛まれた時は泣いていました。
そんなヴィヴィは、いつの日か
無視をしている私が気になりだし、
ましてや、泣いている私にはペロペロと顔をなめて
慰めようとしてくれる様になりました。
その内、私が嫌がる事や悲しむ事をしなくなりました。

全ての犬には当てはまらないかもしれませんが、
ヴィヴィには
父の、愛情を目一杯与えるという
育て方が合っていたようで
今では本当に言う事を聞いてくれる
いい子に育ちました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

border0714

Author:border0714
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。