スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番悲しいのは、認知症にかかった本人

父が倒れ、母の認知症が悪化しました。
家の中の環境が全く変わった事で悪化するのはしょうがない事なのですが、
それに輪をかけて側に居る私と兄とが母を不安にさせたからだと思います。
毎週休みの日を使って、兄は父の見舞いに5、6時間かけて来るのですが、
お金の心配を母の前で堂々と言うので、母は、
「大丈夫よ、私が払うから!」
それに対して兄は、
「母ちゃんは、もうお金はないんだよ!」
又、母の前で父の事を、
「皆が迷惑してるんだよ!」
と言った感じ。
忙しい中、寝る間を惜しんで来てくれている、
しかも、保険に一切入っていなかった父の医療費も
現実的な事も気にしなくてはならない兄は正当な事を言っていたのですが
やっぱり、母の前ではキツい。。

そんな中、同じ事を繰り返して聞く母に
業を煮やした兄は
情報が書いた紙を母に渡し、
覚える様にと。
それから母は、兄から渡されたその紙を一生懸命見て
そして、私に
「どうしよう。何にも分からなくなっちゃった。」
と泣きながら言いました。
直ぐさま、
「いいんだよ!分からなくても!大丈夫、大丈夫!」
と私は言って、兄が渡した紙を母から取り上げ、
母に分からない所でビリビリに破いて捨てました。
その時、母の思いが分かり、やるせなかったです。
母は、全く新しい事は覚えられないし、色々な事も忘れている。
でも、ふとした瞬間に、自分が何も分からないと分かる。
その時、母は本当に自分自身が悲しくなる。
兄から渡された紙が、そのふとした瞬間のきっかけで、
母は、本当に辛い思いだったと思うと
もう二度とこんな事はしてはいけない!
と私は思いました。

今でも、母がものを忘れてしまった時、
そして母がそれを気にしている様子が見えた時、
「いいんだよ。忘れる事はそんなに悪い事じゃない。
変な事をずっと覚えていられるよりも、よっぽどいいよ!」
「人間なんだもん、忘れて当然だよ!」
など、ちょっと変わった私なりの言葉で励ましています。
スポンサーサイト
プロフィール

border0714

Author:border0714
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。