スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃで遊んで欲しいヴィヴィ

私が用事をしていると
ヴィヴィは邪魔をしてくる、というか
おもちゃを座っている私の太ももに置き、
遊んで欲しいと要求してくる時があります。
今日は特に要求してくるような気がして
邪魔くさかった私は
脚を組んでおもちゃが載せられない様に
こんな感じに。↓
[広告] VPS

でも、ヴィヴィは頑張って
私の太ももにおもちゃを置く。
で、投げたおもちゃが紙袋の中に入り
取れないヴィヴィ。
可愛かったので、ちょっと意地悪して
そのままにしていましたが、
可哀想なので、取ってあげました。
この後、長い間
ヴィヴィの相手をするはめに。。
スポンサーサイト

雷?

夕飯後、
いつもは母の部屋で
母を見守る様に寝ているヴィヴィが
今日は私から離れない。
ちょっと雨風の音が強いけど、
別にヴィヴィの大嫌いな雷は鳴っていないし、
どうしたんだろう?

そのうちに、ヴィヴィは
ビクビクと震えだし、
完全に怯えている様子。
140330_20415502.jpg
↑毛が逆立っています。

「ヴィヴィ、大丈夫だよ!」
と言ったその時、
窓からピカッと光るものが!
音こそ鳴っていませんでしたが
たぶん、雷です。

それからも、ヴィヴィは
DSC_0248.jpg
↑ずっとこんな感じ。
情けない。
DSC_0241のコピー
↑どうでもいいけど、
家の家具は、ホント、
ヴィヴィに破壊されています。

私のクシャミ

ヴィヴィは私がクシャミをすると
必ずものすごい勢いで走って来て、
私に向かって飛びついて吠えます。
[広告] VPS

↑カメラで撮っていた事もあり
今回は飛びつきまではしなかったけど、
私のクシャミは凄く気になるみたい。

そして、私が咳をすると、
必ずものすごい勢いで
おもちゃを探しに行き、
それを私に持ってくる。

私の母を含め
私以外の人がクシャミや咳をしても
全くそうはならないのに。
何故だろう。不思議です。

ドッグラン!

一週間ぶりの道満ドッグランへ。
今日は本当に暖かく、良い天気だったので
ヴィヴィは、ちょっと遊んですぐに
こんな感じ↓
[広告] VPS

いつもの事なので、周りの人も
「ああ、また入ってる。」
と言った具合、
当たり前の事となっています。

シェパードのブーマの子供、
ハリーとフィリーが
今日は先に遊んでいて、
ヴィヴィがドッグランへ入るなり
フィリーは、もうヴィヴィに付きっきり!
[広告] VPS

フィリーはヴィヴィの後を追って、
ハリーは、ヴィヴィが気になるけれど、
全ての犬や人間が気になる様で
いつも色々な所に居ます。
ホント、ハリーを見てると飽きない。面白い子です。

今日居たワンちゃん達は、本当にみんないい子で
私も久しぶりにのんびりと過ごせました。
ヴィヴィもとっても楽しかったみたいです!

スカイツリーへ!?

今日は母がデイサービスに行かない日で、
ヴィヴィにとっては
母が居る事がとっても嬉しい日です。
別に何をしてくれる訳でもないのに、
ヴィヴィは母の事が大好きで
何時も母の側に寄り添います。↓
DSC_0203のコピー
で、今日は母が珍しくヴィヴィを撫でてくれた!↓
0321.jpg
機嫌が良い母は、何処かへ行きたいと言うので、
母が行きたいと言った
スカイツリーへで行く事に!
車からのスカイツリー↓
DSC_0233のコピー
ところが、着いてすぐ
余りにも多い人に
母はパニックになり、
ちょっと無理だと思った私は
母に、
「帰ろうか?」
母は頷き、すぐ帰る事に。
着いてすぐ帰る事に
ちょっと腹が立った私は、
その怒りを馬鹿みたいに
駐車券を写真に撮る事で収め↓
DSC_0236のコピー
母には、
「仕様がないよ。大丈夫だよ。」
と言って聞かせましたが、
母は、
「ごめんね。」
と落ち込むばかり。
帰りのドライブの時間は
果てしなく長く感じました。
ヴィヴィも今日はお留守番で可哀想だったし、
良かれと思ってした事でしたが、
どうも、色々と難しいです。
その後も落ち込んでいた母ですが、
夕飯時には元気になりました。

母を見守るヴィヴィ

ヴィヴィは、心配なのか
一生懸命私の母を見守ります。
寝る時は、私の側に居ますが、
その他で家に私と母とが居る時は
必ず母の側に寄り添います。
動物の感なのでしょうか、
ヴィヴィは母を守ろうとします。
今日、デイサービスから帰った母を見守るヴィヴィ。

[広告] VPS

ヴィヴィ、何故に先を行く?

私の左横に付いて歩くのに
少し馴れてきたヴィヴィですが、
まだまだです。
ちょっと気持ちが高ぶると
すぐにスタスタと歩き出す。
たまに止まって、
ヴィヴィを一緒に止まらせる訓練をすると、
その時だけはちゃんと出来るけれど
ずっとは続かない。
トレーニングを開始して
もう一週間経つけれど、
訓練士さんの言った様に
本当に二週間で「つけ」を覚えられる様に
なるのだろうか。
ちょっと不安です。

やっぱり、途中の公園で好き勝手やらすのが
まずいのかなぁ?
でも、それを辞めたら
私もヴィヴィも辛い。。

桜の開花宣言は昨日でしたが、
今日の公園の桜はこんな感じでした。↓
DSC_0231.jpg

一週間を過ぎましたが、、

ヴィヴィとの散歩は
確実に良くなっていますが、
まだ先を歩く癖が抜けない。
それでも、リードを横に引っ張ると
歩く速度を合わせる様になってきました。
で、今日気づいた事。
ヴィヴィが先に行こうとした時、
反対方向に歩いて
ヴィヴィをつかせ、つくようになったら
また元の方向へ戻って歩いていた私ですが、
これをヴィヴィは覚えてしまった様で
私が反対方向へ歩く前に、
自ら反対方向へ歩く様になり、
その後また元の方向へ歩く事が分かっているので
先にもとの方向へ歩こうとする。
私のとる行動が読まれてしまった様です。
「元には戻らないよ!」
と、ずっと反対方向へ歩いたら
ヴィヴィは不思議な顔をして
私をチラチラ見ながら歩いていました。
頭が良いだけに、
こっちも色々考えてトレーニングする必要がある様です。

DSC_0229のコピー
↑今日は暖かくて良いお天気でした!
もうすぐ桜も咲くかなぁ!

父の躾

ヴィヴィが良い子になったのは、
父の育て方のおかげです。

全ての家具はカジって駄目にしてしまうし、
不機嫌な時にちょっとでも触ったら怒るし、
まして、食事中に触ろうものなら
噛み付いてくるし、
ちょっと私が遅く起きると
私のベットの周りを
歩く所が無いくらいウンチで飾ってくれるし、
ちょっとでも私がヴィヴィを残して家を出ると
廊下中ウンチだらけにするし、
1歳までは、本当に悪くて
私がノイローゼになりそうでした。

犬の躾の仕方を、色々とネットで見て
一生懸命その通りに取り組んでいる私を見て、
父は、
「そんな事は必要ない!」
そして、ヴィヴィを怒る私に、
「卑屈になるから怒るな!」
と言った父。
「甘やかしたら、我がままになる!」
と言った私の一言も、
「愛情を注げば、犬は満足するんだ。
 満足すれば、我がままにはならない!」
私も、なるべくヴィヴィを怒りませんでしたが、
ヴィヴィが悪さをした時は無視をしていました。
そして、ヴィヴィに噛まれた時は泣いていました。
そんなヴィヴィは、いつの日か
無視をしている私が気になりだし、
ましてや、泣いている私にはペロペロと顔をなめて
慰めようとしてくれる様になりました。
その内、私が嫌がる事や悲しむ事をしなくなりました。

全ての犬には当てはまらないかもしれませんが、
ヴィヴィには
父の、愛情を目一杯与えるという
育て方が合っていたようで
今では本当に言う事を聞いてくれる
いい子に育ちました。

道満でトレーニング!

昨日、他のワンちゃんを怪我させてしまった事もあり
何だか気が引けたのですが、
警察犬の訓練士さんに
ヴィヴィの「つけ」の訓練をしてもらう事もあり
道満ドッグランへ。

こんな感じでトレーニングしてもらってます。↓
[広告] VPS

[広告] VPS

警察犬のシェパードに寄り添ってのトレーニングも↓
[広告] VPS


今日の私はピリピリしてしまい、
いつもの様にヴィヴィが喧嘩をしている犬を仲裁するのも
「行かない!」
それでも行ってしまうヴィヴィに対しては
思いっきり怒ってしまった。
そして、そのまま帰ってしまった。
周りの人はめちゃめちゃ引いていました。
そりゃ、引くよなぁ〜。
怒った分は、家の中で、
めちゃめちゃ可愛がりますが、
家の中の事は、誰も見ていないので
だぶん、ヴィヴィは
可哀想な犬と思われているかも。
でも、ヴィヴィは本気で怒らないと
分かってくれないのです。

ヴィヴィの失態!

今日も昨日に引き続き
道満ドッグランへ!
DSCN0807.jpg
今日はとても晴れていて
ちょっと風はあるけれど
良い天気なので、
ドッグランでは犬さん達が沢山遊んでました。
まぁ、ヴィヴィはいつもの如く
私と二人でボール遊び。
けれど、ヴィヴィが私から離れてドッグランの入り口の所へ。↓
DSCN0811.jpg
何だろうと私も側へ行ってみると
ヴィヴィの事を大好きな
シェパードのブーマの
5ヶ月になる子供達が!
別に、ヴィヴィはその犬達とは遊ばないのですが
やっぱり仲間意識があり、とても好きみたい。
ブーマの真似なのか、
子供達もヴィヴィを追いかける。↓
[広告] VPS

ブーマの息子、ハリーは
犬や人間が大好き。
[広告] VPS

↑全ての犬にこんな感じで接します。
まだ、訓練に出す前なので
とても無邪気。
訓練に出したら
もうこんな風には遊ばないんだろうなぁ
と思うと貴重なひと時です。

ブーマの娘、フィリーは、
ブーマと同じ様にヴィヴィのボールが大好き。↓
[広告] VPS

犬よりも、ボールに興味があるみたい。
そして、母親のブーマの様に、
ヴィヴィとヴィヴィのボールに興味津々。↓
[広告] VPS


楽しい、
ほのぼのした時間を過ごしていた
そんな中、
ヴィヴィはやらかしてしまいました。
丁度、ヴィヴィがボールを追っていたときに
交差して走ってきたプードルちゃん達。
吠えながら走ってきたので、ヴィヴィは「うるさい!」と一喝。
それが、プードルのななちゃんのお腹に入り
お腹の皮がべろんと剥けてしまったのです。。。
ななちゃんの飼い主さんはとても良い人で
「大丈夫だから。ヴィヴィちゃんを怒らないであげて!」
と優しくおっしゃってくれましたが
私はもうその後、ヴィヴィと遊ぶ気は起きない。
ヴィヴィが平気でボール遊びを続けようとする事が
ちょっと腹立たしく、すぐに帰りました。
家に着いてからも、
腹を立てていた私を察したのか
ヴィヴィはそれからご飯を食べませんでした。
その後、母が帰ってきてもご飯を食べず、
おやつの骨も食べない。
いつもなら、むしゃぶりつくのに。。
骨を側に置いても
鼻でツンと弾いて食べようとしない。
ちょっと心配になったので、
ヴィヴィを撫でながら
おやつの骨を手で持ちながら
食べさせてあげると
ようやく何とか食べてくれました。
でも、その一本のみ。
いつもの様にその後欲しがったりも
全くしない。
ヴィヴィは
たぶん、今日自分がやらかした事は
分かっていないと思います。
でも、確実に私が怒ったと言う事は
分かったのだと思います。
でも、他の犬を傷つけたんだもん。
そりゃ、私も怒るよ!

ななちゃんのママからのメールで、
ななちゃんは20針塗ったそうです。
全治1か月。。
可哀想に。
本当に、申し訳ない事をしてしまいました。

道満ドッグラン!

今日は春分の日で
ちょっと風は強いけれど
とても良く晴れていたので
ヴィヴィと一緒に道満ドッグランへ!
しかし、
高速道路を使わないと
家からい1時間ぐらいかかる道満ドッグラン。
着いた時にはこの様な天気に↓
run_clouded.jpg
その上、めちゃめちゃ風が強い!
さらに、ヴィヴィの散歩道具一式を
家に忘れてきてしまって、
首輪もリードも無い!
最悪だぁ〜!
せっかく来たのに
ドッグランを諦めて帰るのは
ちょっと辛いので、
ドッグランのスタッフに相談してみる事に。
すると、首輪とリードを貸してくれました!
ホント、ここのドッグランのスタッフは
いつも親切で嬉しい限りです!

今日は風も強くて寒い為か
大・中型犬エリアはヴィヴィと私だけ。

dogrun0321.jpg
でも、他の犬とは遊ばないヴィヴィにとっては
久しぶりに遊ぶのは丁度都合が良かったみたい。
いつもの体勢で私がボールを蹴るのを待ちます。

run032114.jpg
私としては、他の犬達の戯れる姿を見るのは
とても楽しいんだけどなぁ〜と思っていると
1時間ぐらいしてから徐々に
犬さん達が入ってきました。
しかし、ヴィヴィは我が道を行く。
「ちょっとは、他の犬と遊んでくれ!」
といつも思ってしまいます。
しかも、
他の犬達はわりとヴィヴィを気に入ってくれるので
なおさら思う。
きっと他の飼い主さん達も、
「あの犬、遊んでくれればいいのに!」
と思っているんじゃないかなぁ。
(私だったらそう思っちゃう。)
例えば、こんなワンちゃん↓
140321_131730.jpg
ヴィヴィと遊ぼうと誘ってくれるのに
ヴィヴィはこんな感じ↓
[広告] VPS

見てもあげない。。

柴犬ちゃんとの仲良さそうな写真↓
shibachan.jpg
でも、実際は↓
[広告] VPS

と柴犬ちゃんを一喝!
それを見た私は、ヴィヴィを思いっきり一喝!
いくらしつこくされても、
絶対に怒らない様に躾けているのですが、
なかなか難しい。。

トレーニング状況!

「つけ」の散歩に慣れてきたようで
昨日のヴィヴィは
最初から私の側に自らついてくれ、
段々と
つくことを覚えてくれている様子。
ちょっと歩く速度が早くなっても
リードを横にキュッと引っ張る事で、
ヴィヴィは私の速度で歩く様に戻ります。

必死で私に付いて
私の速度で歩くヴィヴィ。
でも、そんなヴィヴィを褒めたりすると、
調子に乗って先へ行こうと
めちゃめちゃ引っ張りだすので、
まだまだトレーニングが必要です。


しかし、今日は雨。
でも、ヴィヴィは外へ行こうと
おねだり↓
032014.jpg

雨は止む気配がないので
今日はお家でトレーニング兼遊び。
↓(まぁ、主に遊びだけど。)
03202014.jpg

亡くなった人を生きていると思う母

最近では少なくなりましたが、
「お母さんは出かけているのかしら?」
と私が生まれた年に亡くなった母のお母さんの事や
「お父さんは、まだ仕事中?」
と昨年亡くなった夫(私にとっては父)の事を
まだ生きていると思って問いかける母ですが、
母のお母さんについては、
「お母さんのお母さんはもうずーっと前、
私が生まれた年に亡くなったんだよ。」
と答える私。
母は、初めて聞いたかの様に
「本当に?」
とびっくりしますが、
「今度、お墓参りに行こうね。」
と言うと、すぐに納得してくれます。

去年亡くなった父については
なかなか正解がでず、今でも試行錯誤しています。
父が死んで間もないころは、
毎日の様に尋ねる母に、
「お父さんは、死んだの。」
と答えると、
ショックを受けて悲しがる母は
「何で?!」
「どうして?!」
「いつ?」
と質問をしてくる母に
毎回答えていたのですが、
その度にひどく悲しむ母を見て、
「お母さんはすぐ忘れられるけど、
私はずっと忘れられないんだよ!
私はずっと悲しいままなんだよ!」
と我慢出来ずに言ってしまって
とても後悔したのを覚えています。
確かに、毎回、
それも一日に何回も
父の死を母に知らせるのは、
私自身が父の死を説明しなければいけなく、
その度に胸が詰まる。
癒えていない傷口を自分で広げる様な、
そんな思いだったのです。

でも、やはり一番悲しいのは
生きていると思っていた人が
死んだと告げられる母で、
私は何度か
「お父さんは、ちょっと出かけてる。」
など、父を生きている事に
していた時期もありました。
でも、これは難しかった。
「この写真は何?」
と父の写真が飾られている事に疑問を抱く母は
私に対して不信感が出てくる様になってしまう。
そして、色々と不安になっていく母は
そこら中にあるものを隠しだす。
母の場合は、やはり
「お父さんは亡くなったんだよ。
今度、一緒にお墓参りに行こうね。」
と答えるのが一番正しいようです。

認知症の対応方法は様々だと思いますが、
もともとお墓参りが好きだった母には
この答えが、一番落ち着いてくれる。
そして、私も一緒に行くと思う事で、
さらに安心するみたいです。

昔のお家に帰りたくなった母

今日、久しぶりに母が
「家に帰ると!」と
小さい頃に育った昔の母の家に
帰ると言い出しました。
昔の私だったら、
「それは、昔の家だよ。」
と母を納得させようとし、
それでも納得しない母を
「お母さんの家はここでしょ!」
と怒鳴ってしまっていたのですが、
今は、
「じゃぁ、後で一緒に行こう!
今、ご飯作っているから、
ご飯食べてから、一緒に行こうよ!」
と、否定せずにその話題から離れる事で
(例えば食事の話題などにそらす事で)
母の感情を逆なでせず、
母も話題が変わった事で
「帰る!」と言った事を忘れて
落ち着いてくれました。

ちょっとした事を受け入れてあげたり、
ちょっとした配慮をするだけで、
母も私も一日が楽しく過ごせます。

仲裁犬

1歳になった頃から
他の犬とは全く遊ばなくなったヴィヴィですが、
犬同士の喧嘩が起こると
必ず飛んで行って仲裁しようとする様になりました。
土曜や日曜日は
犬が多く喧嘩も多いのですが
小さい犬が吠えて
それを止めに行くときは
私はヴィヴィを止めますが
割とヴィヴィが止めに行く事で
喧嘩が治まる事あるので
そういう時は
私はヴィヴィに任せます。
人間が仲裁に入るより、
犬が仲裁に入った方が
納まりが良いような気がするからです。

その様子を画像で納めたいのですが、
なかなか喧嘩の最中に
カメラをむけるのは、
ちょっと非常識な気がして。。
一度だけ、
ドッグランへ来ていた方々が
よく知っている仲間だったので
何とかその仲裁の様子を
撮ってみたのですが
少し分かりづらいかも。
飛び出して、
アタックしている感じの奴がヴィヴィです。
[広告] VPS
[広告] VPS


いつか、しっかりと撮りたい。

ヴィヴィ泳ぐ!

引用

猛暑になる前に
ヴィヴィに泳ぎを覚えさせたく
埼玉県にあるドッグプールへ行ったのですが、
水を怖がり全くプールの側に寄り付かない。
他の飼い主さんが、とても優しい方で
ヴィヴィと一緒にプールに入り
泳がせようとしたのですが
その方にしがみつき、というか
その方を引っ掻きまくり、
私も申し訳なくなってしまい
諦めようとした時、
ドッグプールで働いている方が
慣れた手つきでヴィヴィを水の中へ。
そして↓
[広告] VPS

嬉しかった私は馬鹿みたいにはしゃいでしまい
今となっては恥ずかしい限りです。
それから、何回かドッグプールへ行ったのですが
やはりなかなか水に慣れないヴィヴィ。
そんな時、
大江戸温泉の隣にある綱吉の湯というところが
スタッフ付きでプールを利用できると知り
行ってみる事に。
最初は怖がっていたヴィヴィですが↓
[広告] VPS

ここでやっと泳ぎの楽しさを覚えたみたい。
この後、
ヴィヴィは困ってしまうぐらい
泳ぎが大好きになりました。

母を待つヴィヴィ

母がデイサービスに出かける様になると
ヴィヴィはその間
食事も水も受け付けず
母が帰ってきてからやっと餌を食べる
という日が続き
とても心配していたのですが
それから半年経った今では
母が出かけた後でも
やっと餌を食べる様になり
私も安心しています。
でも、
母が帰る頃になると
↓こんな感じで階段下の玄関をずっと見つめ
031714.jpg
母の帰りを待ちます。
そして、母が帰ってくると
というか、母の乗っている車が家に着くと
真っ先に玄関へ!
そして、帰ってきた母を
決して飛びつくわけでもなく
ただただ母の側で母を見つめるのです。
もともと動物が好きでなく
ヴィヴィにはほとんど触った事のない母を
どうしてそこまで大切に思うのだろう。
何なんだろうか。
やっぱり、父の亡くなった後、
母を自分が守らなくてはと
思うのだろうか。
よく分かりませんが、
見ている私は
心が和みます。

ヴィヴィの家での遊び方

今日は日曜日で天気も良く
ヴィヴィをドッグランへ
連れて行きたかったのですが、
私は抜けられない用事があり
ヴィヴィは本来ならお留守番の日。
でも、
今日は母のデイサービスがない日で
母はずっと家に居る日なのです。
母は徘徊せず
家にいてくれる様になったのですが、
家に母とヴィヴィと二人だけで一緒にいると
どうしても、
母はヴィヴィに食べ物を与え続けてしまう。
しかも、人間の食べるお菓子などを与えてしまうので
そんな時は
私はヴィヴィも一緒に連れて行き
ヴィヴィは車の中でのお留守番にしています。
それでも、今日は駐車場で4時間ぐらい待たせてしまったので
ちょっと可哀想でした。
これから夏になるし
やっぱりペットホテルに預けた方がいいのかなぁ、、
でも、ヴィヴィはペットホテルが本当に大嫌いで
連れて行く時は大変なんです。
嫌すぎて、おしっこを漏らしてしまう程なのです。

ヴィヴィ、今日は遊びに行けなくてごめんね。
そして、今日は忙しくて散歩のトレーニングもできませんでした。
そんな中、ヴィヴィは
いつもこんな感じで私と遊んでいます。

[広告] VPS

ドッグラン

六日ぶりのドッグラン!
ヴィヴィちゃん大喜びです。
が、ボールを追いかけるヴィヴィに反応した
他の犬がヴィヴィを獲物だと思ったのか
噛み付かれ、噛み付き返すヴィヴィ。
売られた喧嘩は絶対に買ってはいけないと
常々教え込んでいる私は
ヴィヴィを人前で一喝!
でも、これをやると周りの人が引くんだよなぁ〜。
犬の飼い主さんは優しい方が多いので
私みたいに思いっきり怒る人は
見ていて不愉快かも。
私も他の犬が飼い主さんに怒られているのを見ると
『何もそんなに怒らなくても、可哀想に。』
と思うのですが、
ヴィヴィは本気で怒らないと
分かってくれないのです。
今まで色々試しましたが
やっぱり本気で怒るのが一番効くのです。
けれど、私も可愛がっている犬を怒るのは
心が痛い。

お昼近くになって、
犬が少なくなったヴィヴィを
思う存分ボールで遊ばせてあげました。

[広告] VPS

家族会

朝、ヴィヴィをドッグランへ連れて行った後、
母のデイサービスの家族会に参加しました。
家族会に参加するのは2回目。
他にも色々な介護セミナーには参加して
一生懸命こういった会合に
慣れようとしているのですが
「なかなか難しいなぁ」と思っている
そんな中で、
一人の方が私にお声をかけてくれました。
「あなたのお母さんには、本当に良くして頂いて、
私の母は、あなたのお母さんがいなかったら
ここをやめていました。本当にありがとう!」
と言われ、何の事やらよくわからなかった私は、
「えっ?」
どうやら、母はその方のお母さんに
とても良くしてあげているみたいでした。
もともと自分の事よりも人の事を優先する母の性格が
こういったデイサービスでも活躍しているようです。
「別に、大して何もやってないと思いますよ。」
とその方には言いましたが、
『やっぱり、私のお母さんは優しい、心の大きな人だな。』
と今までにお母さんがやってきたいろいろな事を思い、
後になって涙ぐんでしまいました。
認知症になっても、お母さんはお母さん。
何も分からなくなっても、今までやってきてくれた事は
私の心に深くしみこんでいる!
これからも、楽しく仲良くやっていきたいと
改めて思いました。

散歩トレーニング三日目!

今日も「つけ」の練習の為に散歩へ行きました。
そして、変わらずグルグル回り前に進めない。
が、今日はちょっと長く歩こうと思い大きな通りへ出ると、
なんとヴィヴィはきっちりと私について歩き出した。
多分、車や人が多い所で
ヴィヴィ自身が不安になった為だと思いますが、
それでも私は嬉しかったぁ〜!
でも、それもほんのつかの間。
ちょっとしてから大通りに慣れたヴィヴィは
また好き勝手歩こうとしてしまう。。
流石に大通りでヴィヴィを指導しようと
グルグル回っている私は
結構目立って、おかしな目で見られ、
馬鹿みたいでした。

まぁ、取りあえず
今日はちょっとは出来たので
良しとしよう!
その時の動画です

[広告] VPS

犬のフィットネス?!

ヴィヴィが1歳になるちょっと前だったと思いますが、
一度だけ
犬のフィットネスクラブに連れて行った事があります。
そこで、プールとランニングを体験しました。
↓そのランニング風景です。
[広告] VPS
[広告] VPS
[広告] VPS

この後、もう二度とヴィヴィに
こんな事をさせてはいけないと思いました。

ドッグラン

ヴィヴィが3回目の予防注射をおえると
毎日散歩へ連れて行く様になりました。
でも、最初は首輪を嫌がり
外へ出る為に首輪を付けようとすると
めちゃめちゃ噛んでくる!
何とか首輪を付けて、
リードを付けて散歩へと外に出ますが
まぁ歩かない。全く歩こうとせず
その場で踏ん張り抵抗するので
最初の1、2週間は
ヴィヴィを抱っこして
「怖くないんだよ、外は。」
言い聞かせながら
家の周辺を歩きました。
たまに、通りかかる人から笑われ、
「自分で歩かせなさいよ!」
と言われたり、、情けなかった。。
そして、首輪を付ける事が怖くなった私は
ヴィヴィの首輪を付けっぱなしにする事に。
そうしいたら、そうしたで
「首が窮屈だろうに。可哀想だから、家では外してあげなさい!」
と父から言われ、なくなく外してあげるのですが、
毎日首輪を付ける事が怖くてしょうがなかった。
だって必ず噛まれるんだもん!

散歩をして、
というか、私がヴィヴィを抱っこして歩いて
2週間ちょっと過ぎた頃から
ViViは外に出るのが楽しくなってきたようで
自分で歩くようになりました。
そして、散歩だけでは物足りなくなり
5ヶ月ぐらい過ぎた頃から
日曜日には父に車で
近くのドッグランへ連れて行ってもらい
思う存分ヴィヴィを走らせてあげる様になり、
その時から私は車の免許を取ろうと決め
教習所に通い、
免許を取ってからは
ヴィヴィを連れて
色々な場所へ行きました。
ドッグランは色々とあるけれど
なかなかお気に入りが見つからなかった
そんな中、道満ドッグランへ。
ここのドッグランは有料なのですが、
他のドッグランよりは
芝生だし、水浴び場もあり
おまけに、受付に犬の洗い場もあるので
とても良い!
他にもそういったドッグランはあるけれど、
家から遠すぎるし、値段も高いので、
道満ドッグランに初めて行った2011年の夏頃から
2013年の5月25日(私の父が倒れる前の日)まで
ほぼ毎日2〜4時間ぐらい
ヴィヴィを遊ばせていました。

道満で最初に出会って仲良くなった
ジャックラッセルのリモと一緒に
水浴びするヴィヴィと、
リモのおもちゃを
奪う幼いヴィヴィ。↓
[広告] VPS
[広告] VPS

リモとは仲良しで
最初に出会った時は
戯れ合って遊んでいたのですが
成犬になったヴィヴィは
全く他のどの犬とも
遊ばなくなってしまいました。
が、今でもリモに合うと
一緒になってサッカーボールを追いかけます。
それをするのは、リモだけだから
やっぱりリモは特別な存在みたいです。

トレーニング!

一昨日から始めた散歩のトレーニング。
昨日も散歩に行けると思ったのか
「散歩に行く?」
と問いかけるとこんな顔。

vivi03122014.jpg
昨日は暖かくて気持ちの良い天気でしたが
やっぱり「つけ」のトレーニングは難しい!
またグルグル回転するだけで
なかなか前に進めない。
やっとの事で近くの公園まで行けたので
「公園の中は、自由にさせてあげよう。」
と私が休む為の理由をつけてちょっと休憩。
30分ぐらい散歩しましたが
あまり進歩なくどうしても
ヴィヴィは私の先を歩こうとしてしまう。
成果が見られないと辛いけど
まだ2日目だから
もうちょっと頑張ろう。

で、
今日は雨が降っているので
散歩はお休み。
↓でも、散歩のおねだり。
03132014.jpg
そしてふて寝。
↓(どうしても、カメラを向けると目を開けてしまう、、)
DSC_0188.jpg

その代わり遠隔トレーニングをしました。
声の手の指を使って
「座れ」「ふせ」「立て」
の練習。
このトレーニングも
ドッグランで知り合った
警察犬の訓練士さんから教えてもらいました。
まだ、「立て」が
あまりうまく出来ないヴィヴィですが
ちょっとずつ離れながら
↓こんな感じでやってます。
[広告] VPS

[広告] VPS

ヴィヴィのトレーニング開始!

3月9日の日曜日、
久しぶりにドッグランへ行ったら                  
警察犬を飼っている訓練士さんに
「つけ」の練習をしてもらい
今日から「つけ」の練習を始めました。
もう3歳になるヴィヴィですが
訓練士さん曰く
「今からでも遅くない。
 この犬は集中力がありボス犬だから
 訓練させないともったいない」
との事。
「訓練はお金がかかるから。」
と私が言うと、
「訓練は飼い主さんが行うのが一番。
 まずは2週間ぐらい散歩で『つけ』を
 教え込むと他の事もすぐに覚える。」
って言われ、
「あの、散歩させないんですよねぇ。」
と言った私の言葉に、
「まぁ、でも太ってないしストレスも溜まってないから。。」

その訓練士さんはちょっとあきれ顔で笑っておられました。
その訓練士さんとは顔なじみで
前々から「もったいない」
と言われていましたが
今回はいつもよりも自分の犬が褒められた事で
やる気になった私。

で、次の日から散歩のトレーニングを始めようと
思ったのですが
とにかく風が強くて寒い!
その日は他にやる事もあったので散歩は断念。
ヴィヴィは何時ものごとく、私の隣でお昼寝です。

vivi_sleep.jpg
昨日は風もなく良い天気だったので
散歩スタート!
というか、「つけ」の練習をスタート。
今まで自由に歩かせていたので
相当大変になるとは覚悟していたけど、、
まぁ、難しい!
訓練士さんから
「犬が先に行こうとしたら
 逆方向に歩くように」
と言われていたのでやってみましたが

[広告] VPS

ヴィヴィは今まで通り
いつも先へ進もうとするので
逆方向へ歩くのですが、またすぐに方向転換。
その結果、
全然先に進めない!
そして、
私は目が回る!
周りを歩いている人は、
道端で犬を連れてグルグル回っている私を
「あの人何やってんだろう?」と言った顔で見るし、
ちょっと恥ずかしかったし
何しろすごい疲れました。
1時間ぐらい散歩させようと思っていましたが
30分がやっとでした。
今までは私が楽な様に
引っ張ってもらいながら歩いていましたが、
急に私の歩く速度に合わせる事で
ヴィヴィは嫌だったかと思いきや
結構楽しそうでした。
しかし、家に着くと

vivi_at_door.jpg
「もう家へ入ろうよ。」と言っているみたいな顔。
明日はもうちょっと長く散歩出来る様に頑張りたいです。










 

ViViの成長?

ヴィヴィは4、5ヶ月過ぎた頃から
サークルは平気で乗り越えられるように↓
[広告] VPS

そして、部屋のドアを開ける様になってしまいました。↓
[広告] VPS

東日本大震災

3年前の今日、
2011年14時46分に東北から関東にかけて大地震が起こりました。
その時、私は丁度自動車教習所から帰ってきて
仕事の休憩中の2階父の部屋へ行くと、
「東北で大きな地震があったみたいだよ。」
と言われ、
「そうなの?大変だねぇ。」
とあまり考えずに3階の自分の部屋へ行き、
ヴィヴィをサークルから出して自由にした
その時、地震が起きました。
もの凄いゆれで、本棚のほとんどの本が棚から落ちる。
その揺れはヴィヴィには大変な恐怖だったようで
窓ガラスを割る勢いで外に出ようと必死。
私は窓ガラスが割れる事を心配して
ヴィヴィを抱きかかえ狭い柱と柱の間で踞りました。
それでもヴィヴィは逃げたがり
私を噛みまくる。
そして、恐怖でウンチとおしっこをもらしました。
ウンチとおしっこまみれの私は
それでもヴィヴィを抱きかかえました。
皮肉な事に、この日から
ヴィヴィは私を信頼したのか噛まなくなりました。

その時は自分の家族、従業員が皆無事だった事で
安心しましたが、
こんなに東北が悲惨な結果になるとは。。
その時は想像もしませんでした。

「時が解決する」と人は良く言いますが
それは人間にとって生きていく上でも必要だと思います。
ずっと悲しんでいては生きていけない。
けれど、3年経った今でも仮設住宅で生活したり
原子力発電所の放射能が未だ解決出来ていなかったり
それでは時間だけでは解決できない。
むしろその長い時間が被災者を苦しめている。

心から、皆様のご冥福と
災害からの復興をお祈り致します。

ヴィヴィとの旅行

お父さんは出不精だったけど、
ヴィヴィを飼ってからは
ヴィヴィを連れてなら
自ら楽しんで旅行に行ってくれる様になり
毎年ゴールデンウィークとお盆のシーズンには
旅行をしていました。

2013年のゴールデンウィークに
千葉にあるペットと泊れるホテルに
お父さんとお母さんとヴィヴィと私で
行った時↓
trip_2013.jpg
ここのホテルのすぐそばに海岸があったので
ヴィヴィを連れて散歩。
初めて見る海に興奮するヴィヴィですが↓
[広告] VPS
波が怖かったみたい。
この後、あまり海には近づけなくなっちゃいました。

失敗しちゃった!

先週の木曜日、
ヴィヴィの後ろの毛がかなり伸びてきて
家でおしっこをすると後ろ毛についちゃうので
本当はトリミングに連れて行きたいけど
お金がもったいないから
私がカットすることにしました。
思いっきり失敗。
vivi030072014.jpg
後ろの毛をハサミでチョキチョキしてたら
つい切り過ぎてしまった。
vivi_tail.jpg
慌てていつも行っていたトリミングショップに電話し
何とか整えてもらいました。
トリマーさんに笑われちゃいました。
(before)
vivi_trim.jpg
(after)
vivi_after.jpg
やっぱりプロに任せないと駄目だね〜。
ヴィヴィごめんね。
プロフィール

border0714

Author:border0714
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。