スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワーアレンジメント! でも、コラージュは・・・

今朝、
母の幼なじみの(小学校の同級生)から電話がありました。
電話の内容は、
ただ母がどうしているかと気遣ってのもの。
勿論、その方も母の認知症を知っていますが
こうやって、気にかけてくれる。
考えてみると、
母にはこういった方々が大勢いるんです。
皆、母を気遣ってくれるし、
とても大切に思ってくれる。
ホント、これは母の得なんだろうなぁ。
皆からいつまでも思ってもらえる母が羨ましいし。
そして、私もその方々と電話で話す事で
元気が出るので感謝!

で、今日のお母さん。

mamavivi.jpg

フラワーアレンジメントの日でした。

flower.jpg

結構、素敵な出来でした!


ちなみに昨日は
コラージュを作りました。

corage.jpg

これは、私も分からず、
「これは、何が面白いのかなぁ。」
と独り言を言ったつもりが、
「私も分かんないのよ!馬鹿馬鹿しい。」
と言った母の瞬時の言葉に思わず笑っちゃいました。
お母さんは麻雀とかお花は好きだけど、
習字とか、そういった面倒くさい者は
嫌いなんだよね。

そんな昨日、
私の携帯メールでのやり取りが多かった事もあり、
メールの音で、なかなか寝れない母。
そして、
徘徊ぐせが復活!
外に出ようとして
真夜中にセコムを何回か鳴らしてくれました。
「お母さんが、外にいるのよ!」
と言う母ですが、
多分、私の携帯のメール音が鳴りすぎた為だと思う。
音という共通のもので、玄関のチャイムが鳴ったと思い込み
メール音が何回もなり、ずっと耳に残ると
妄想がおきるのかも。

私も、マナーモードにすればよかったのに。
ごめんね、お母さん!
これからは、心配かけない様に気を付けないと。
スポンサーサイト

冷房は、季節を分からなくするのかなぁ。

最近、母は朝起きると
必ずセーターを着ている。

多分、冷房を付け出したので
涼しい風を、冬だと勘違いするのかなぁ。

冷房をつけない事は、
新築の時から雨漏り、お風呂の水漏り、
そして、家が傾いていた
タマホームの馬鹿みたいな設計では
不可能。
だって、夏はどこもかしこも
蒸し風呂みたいになるんだもん。

窓を開けても風通しが悪いし、
冷房をつけないと危ないと思うくらい。

でも、お年寄りは冷房に弱いんだよね。
一応26℃〜28℃に設定しているのですが、
朝になると寒くなるのか
洋服ダンスを掻き回し
洋服を片っ端から床に散乱させる。

最近毎日
・母が出した服を洋服ダンスに戻す
・床に散乱した洋服を洗濯し
 洋服ダンスにしまう
・次の日、母がまた洋服を散乱させる
↑この繰り返しなんだけど、

取りあえず、
「お母さん、暑くない? セーター脱がない?」
と問いかけ、それでも脱がない時は
「お母さん、ちょっとこれ
似合うと思うから来てみてよ!」
と夏服に促しています。

リウマチの検診

毎月の母のリウマチ検診で順天堂医院へ。
いつも採血してもらった後、
受診前にお昼ごはんを
順天堂内の「ヒルトップ」
という山の上ホテル系列のレストランで
食事をしているのですが、
なにしろここはサービスが悪い。

人件費削減なのか、
中国人の店員さんが多いのだけれど、
それは別に良いと思う。
ただ、
その店員さんを扱う店長さんらしき人が
結構、従業員に対して冷たい感じがする。
よくは分からないけど、
その冷たい対応で従業員を教育出来ていないのか
接客が不親切で、いい加減な感じがする。
(アメリカで人種差別を嫌という程体験した
そんな私は過剰に反応してしまうのかも。)

でも、
まぁ病院の中にあるレストランにしては

hilltop.jpg


外観も悪くない。

hilltopmenu.jpg
menu02.jpg


ヒルトップのメニューもしっかりしているし、
味も悪くない。

病院内という事を考えると、
結構良いレストランかも。


でも、今日は時間もあったので
病院を一回脱出して
東京ドームシティへ!

たくさんレストランが入っていると思いきや、
車を留めたアトラクションエリアには
ベースボールカフェと
フードコートしかなかった。
しかも、11時だったので、
ベースボールカフェはやっていない…
(11時半からの営業時間だったみたいで、
帰る時には営業していた・・・残念)
baseball_restaurant.jpg

仕様がないからフードコートへ。

go-fun.jpg

一通り、お店を回って
こめらく」の海鮮丼が気に入った母。

komeraku.jpg

ここは、ひつまぶしスタイルでご飯を楽しむお店らしく、
まず半分は普通に食べ、
残りを鰹節をたっぷりかけただし汁で頂くかたち。
美味しいはともかく、面白い。

取りあえず、席を確保すると、
結構ゆったりと座れるところがあり
母は大満足。

母にはイクラとサーモンの親子めし。
私はぶっかけ飯を。

kaisen.jpg

母のご飯を撮ろうとしたら、
よっぽどお腹が空いていたのか
「写真はいいから食べよう。」
と言う母。
美味しそうにビールと一緒にご飯を食べました。

foodcourt.jpg

「あっ、駐車券出すの忘れた!」
と気づき、お店に持って行くと
「一店舗、3000円以上お買い上げでないと、
駐車券のサービスは付きません。」
と言われた私は
「じゃ、漬けと中落ちのまぐろめし下さい。
 そしたら、駐車券のサービス貰えるよね。」
と若い頃なら考えられない行動に。
ホント、年をとると、恥ずかしいとか
そういう感情は無くなっちゃうのかな。

そして、
漬けと中落ちのまぐろめし

zukenakaochi.jpg

どうやら、お母さんはこれが一番美味しかったみたい。
よかった、追加して。

ビールでほろ酔いの母と
又、順天堂医院に戻り、
それでも時間があったので
スタバでコーヒーを注文。

すると、ゲリラ豪雨!

皆、急な雨にずぶ濡れで駆け込んでくる。
そして、
雨宿りの人で玄関ロビーが溢れかえる。

なのに、

cafe.jpg

悠々と、キャラメルフラペチーノを飲む母。
母の座っている一カ所だけ
何故か雨が降らなかったんだよなぁ。

そんなツイテいる母の
血液の結果も、
リウマチの炎症反応が大分和らぎ、
プレドニンという痛みを和らげるお薬も、
1ミリ減らす事に!
よかった、よかった。

今日は一日中機嫌が良かった母ですが、
特に機嫌が良かったのは
フードコートで食事をしている
子供達を見ていた時。
奇声をあげてうるさいガキどもを
「可愛いね〜。」と
心の底から微笑んでいた母を見ると
「やっぱり孫とくらしたいんだよなぁ・・・」
と思った私。

ごめんよ、母ちゃん。
ヴィヴィで我慢してくれ。

140613_161704.jpg

介護者友達!

この間、5月23日に
デイサービス「いずみの郷」さん主催で
恵比寿ガーデンプレイスに和食を食べに行った時に、
たまたま、向かい合う席で食事をした
家族介護者のSさん。

その前からSさんとは
家族会で会い、
とても良い感じの方だ
という印象があったのですが
ガーデンプレイスでの食事の時も
やっぱりSさんが一番話しやすかった。
そして、
「今度遊びにいらして。」
とおっしゃったので、
連絡を交換し
今日、本当に遊びに行っちゃいました。

お昼を一緒に食べよう
という事だったのですが
母のデイサービスの時間の関係で
東武百貨店のベーグル&ベーグルで
サンドイッチを買って持って行く事に。
インターネットで調べたときは、
「高っ!」
とアボカドシュリンプサンドの540円
という値段にビックリしてしまったのですが、
いざ、東武百貨店のお店に行ってみると

DSC_0021.jpg

ベーグルサンドは二つの種類が1パックになってる。
まぁ、美味しそうなので妥当な値段なのかな。
(ちょっと高いけど。)

DSC_0020.jpg

思えば、
高校の時にアメリカで散々ベーグルを食べた私。
懐かしい。
買うつもりの無い物まで買っちゃいました。

そして、Aさん宅に。
あいにくの雨でしたが、
雨でも良い外観の家があるとは。
ホント、青山や恵比寿にある様な建物。
(雨が凄くて写真取れなかった!)

お家に入ると、
まず玄関がモダン。
広くて段差のない玄関。
アメリカの裕福な家庭の家を思い出しました。
(残念、これも写真にとってないんだなぁ。)

リビングはこんな感じ。

DSC_0022.jpg

そして、ダイニング。

dining.jpg

キッチンもダイニングに座りながら
会話が出来るオシャレな感じ。

kichen.jpg

そして、天井。

ceiling.jpg

なるほど、
こんな家だったら遊びに来て欲しいかも。
あまりのモダンな建物と
素晴らしい全ての家具に圧倒されてしまいました。
(和室の一角もあって、写真に撮ったのですが、
ぶれちゃったので、今度載せます。)

やっぱり、生き方なのかな。
私だったら買ってきたベーグルサンドを
そっくりそのまま出すのに、
ちょっと野菜を添えて
すごく美味しそうなワンプレートに。
そして、
シナモンの利いた
自家製コーンスープを素敵なカップに入れ、
ランチョンマットを敷いて
お店の様な感じで出してくれる。

なかなか、こんなおもてなしは出来ないよ!
気が引けちゃうよ!

そんなAさんですが、とても気さくで話しやすい。
それに甘えて、今日は思いっきり
介護で溜まったストレスを話してしまった。
やっぱり、同じ介護者という境遇を
分かち合えるの人と話すのは心が休まります。

でも、Sさんは
オシャレで、品の良く、
介護をしている人とは思えない程
ホント、生き生きしている。
私もそうなれるよう頑張ろう。

まずは、
雨漏りするボロ家を
素敵に改造していこう。

介護認定調査

今日は年一回ある
母の介護認定調査に
区役所から委託された調査員の方が
母を鑑定しに来ました。

これによって
母の介護度が判定されるのです。

もっと言えば、
これによって
母が使えるサービスの限度額が決まる。

デイサービスに行っている母より先に来た
調査員の人は
色々と母の事を質問してきましたが、
何か、答えてるうちに
涙が出そうなるんですよね。
日頃は思ってなくても、
客観視すると、
やっぱり介護って辛いのかな。

認定調査員の方も、それを分かってくれているみたいで
とてもやさしく接してくれたのですが、
どうしても、こういう事は慣れないなぁ。

母が帰って来て、
認定員の方がいる事が分かったのか分かっていないのか、
いつも上がる階段を5倍の早さで上がって来た母。

おいおい、それじゃ
介護の単位が下がっちゃうよ!

それでも、母は
色々な質問に
いつも以上にはっきり答え
身体も
「全く何ともないです!」と言わんばかり
動かない身体を力一杯動かし頑張る。

「どこか痛いところはありますか?」
と言う質問にも、
「どこも痛くないです!」
と張り切って答える。

見かねた私は、
「お母さん、いつも身体が痛いって言うでしょ。」
と言うと、
「何いってるの!うそ言わないで!」
と私を怒って睨みつける。

お母さんとしては、
人に身体が悪いと思われたくないという
プライドがあるのでしょうが、
それじゃ、介護認定で損しちゃうんだよ!

認定員の方が帰った後、
母に
「あのね、介護の単位をもらうには
正直に言わないと駄目なんだよ。」
と言うと、
「あぁ、そうなの?じゃぁ、これから気をつけるわね。」

もう、遅いんだよ〜!

でも、こういった鑑定をされるのは
母も嫌なはず。
でも、
その後、母は食欲旺盛で
出したものを殆ど全て完食してくれました。

しかも、めちゃめちゃ機嫌が良かった。
何なんだ。
プロフィール

border0714

Author:border0714
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。